白血病に決定的な治療方法は存在するのでしょうか?

抗がん剤には強い副作用があり、使用した人の体に多大な負担がかかります。

白血病の治療には何が最善なのか

誰にでも起こりうる病である白血病について


白血病は「血液のがん」と言われ、急性・慢性骨髄性白血病、急性・慢性リンパ性白血病の4種類があり、
毎年6000人もの方が亡くなられています。
原因は発ガン性を持つ物質やウイルスや放射線、または遺伝子の異常などが原因と言われていますが、
まだ完全には解明されておらず、誰にでも起こりうる病といえるでしょう。

白血病を治療するには、がん化した血液細胞を廃除し正常な血液を作りだせる状態の体に戻す必要があります。
治療法としましては現在、抗がん剤投与をはじめとする化学療法が主流ですが、
白血病の種類によっては造血幹細胞移植によって治癒を行う事もあります。

ただしこれらの方法は、薬の副作用だったり、ドナーへの負担だったりと、どちらも強い負担が必要となってしまいます。
特に抗がん剤は猛毒物及び強い発がん性物質であり、その副作用は目を覆いたくなるものです。
体中の毛が抜け落ち、体は痩せていき、さらには投薬による激痛も伴います。

日本では、がん患者をはじめとする抗がん剤治療を行う人が70万人にものぼると言われていますが、
その中でがんや白血病で亡くなる方が30万人以上いらっしゃいます。
本当に抗がん剤は効果があるのか?と言いたくなる数値です。
しかもその直接の死亡の原因は、がんではなく“抗がん剤によるもの”がなんと80%を越えるとも言われています。

抗がん剤の多くは細胞自体、または細胞の中にあるDNAに致命的な障害を及ぼすように作られておりますが、
がん細胞は細胞分裂が活発なため、その分攻撃にさらされやすくなるわけです。
また、分裂・増殖をするのはがん細胞だけではなく、
正常細胞でも、血液をつくる骨髄の造血細胞や口腔粘膜、消化管粘膜、毛根細胞などは頻繁に細胞分裂をしているため、
抗がん剤の作用を受けやすくなります。

抗がん剤投与による副作用の中でも特に起こりやすいものとして、吐き気・脱毛・白血球の減少などをあげる事ができますが、
最悪の場合造血機能の破壊を引き起こしてしまう可能性まであります。
仮に造血細胞が傷ついて充分に分裂・増殖できなった場合、赤血球や白血球や血小板などが作られなくなり、
貧血や深刻な感染症や出血といった症状を引き起こしやすくなります。 さらに、傷ついた正常細胞が毛根細胞であれば、脱毛、口腔粘膜なら口内炎、消化管粘膜なら
吐き気や下痢といった症状が副作用として現れます。

◇2011年度の国民医療費
日本の2011年度の国民医療費が37兆円を超えました。
医療は日本最大のビジネスであるといえ、中でも高価な抗がん剤は病院や製薬会社にとって、最も儲かる治療でもあると言えます。
そのため、抗がん剤はたくさん使われて喜ぶのは製薬会社であり、さらに厚生労働省は天下り先として製薬会社を潤わせているのです。

抗がん剤が、効果が薄い上に副作用が強く最悪の場合死に至るのを分かっているのにも関わらず、
病院が使い続けるのはそのためではないでしょうか。
現にビタミンCの大量投与などの治療は、いまだに保険の適用外です。
国や製薬会社、病院までもが、病気の人から高い治療費をとるために抗がん剤を使用している事はまぎれもない事実であるといえます。

私達は今、薬に頼らない“新しい治療”を探すべきではないでしょうか。

白血病の治療には、薬物治療の他にも骨髄移植という道もあります。
これが成功した場合、再び健康が訪れるというものです。
しかし、移植を受けるためには何千人・何万人というドナー移殖待ちの列に並ばなくてはなりません。
そしてまた運良くドナーが見つかって、いざ移植を行うという時に、死よりも恐ろしい投薬が行われるのです。
それは、致死量を超えた抗がん剤の投与です。
移植を成功させるために、今身体にあるがん細胞を全て殺さなくてはなりません。
その為の薬は、人が死んでしまうと言われるほど大量を要するのです。
まるで生き地獄かとも思える辛い治療法です。

患者の身体と心が癒される日は、本当に訪れるのでしょうか・・・

体を守るつながりでお金に困ったときは結果を出せる債務整理相談で、あなたの生活を立て直しましょう。
返しきれない借金を抱えながら生きているのは、心身ともに辛い事です。
毎日不安を感じながら生きていては、充実した毎日とは言い難いですし、健康にも悪影響であることは間違いありません。
早めの行動が、あなたの身を守ることに繋がるはずですので、頼りになる弁護士に債務整理相談するのがおすすめです。