肥満治療業界に登場したメリディア

メリディア

1997年、アメリカでのメリディア登場を前にアイルランドのダブリンで開催されたヨーロッパ肥満集会学会での年次集会で、アントワープ大学院の博士は「フェンフェンは現在広く使用されている減量薬ですが、間もなく新しいクラスの肥満薬にとってかわられるでしょう。」と報告しました。これがメリディアのことなのです。

 

メリディアはセロトニン・ノルエビネフリン再取り込み阻害薬です。脳内でセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することにより、これらの物質を増やし、満腹感を高めることで食欲を低下させる作用があります。

 

動物実験ではメリディアが代謝率を上げること、すなわちエネルギー消費を高めることがわかっています。体重を5%から10%減少させ、これを維持することができます。この結果、糖尿病や骨関節炎の様な肥満に関連した疾患を回避できます。

 

メリディア予備研究から、これを6か月間投与した肥満患者で腹部脂肪が18%減少し内臓脂肪も17%減少しました。

 

また、人栄養学の博士は、記者会見で「メリディアはノール社が現在開発中の薬だが、驚くべきことに、便秘、口内乾燥、心拍数や血圧レベルの若干上昇などで副作用の心配は少ない」と説明しました。

 

そして、「メリディア服用患者での原発性肺高血圧症発症例は現在のところ報告はありません。」と話していました。

 

ただし「メリディアの減量効果は従来の痩せる薬とほぼ同等ですが、その作用を慎重に見盛る必要があります」とも言われています。

 

メリディアは血圧と心拍数を上昇させることが今後問題になるかもしれないとも言われています。
しかし、メリディアは非常に現実的な肥満解消薬となることが期待されています。

メリディアの未来

メリディア

書店に並ぶおびただしいダイエット本。女性雑誌はこれでもかと言うようにダイエット法、さらには脂肪吸引などの美容外科的な対処法について取り上げられています。

 

たぶん、ダイエット法を上げれば数百種類はあるでしょう。

 

そして、高肥満薬メリディアの登場で、それらのダイエット法はすぐに捨て去られるかもしれない。

 

それほど効果のある高肥満剤がアメリカで認可され、多くの人に使われています。一般に薬を使って痩せる方法より、薬を使わない方法でダイエットする方が安全だというイメージがありますが、事実は全く逆なのです。

 

たとえば「○○式」と言った半分宗教のようなダイエット法を実施したばっかりに、過食症になって苦しんでいる女性が、どれだけ今の日本に存在していることでしょう。

 

過食症を治す方法は今のところ確立されていません。一部の誤ったダイエット法がこれらの悲惨な女性を生み出しているのです。ある種のダイエットは極端な栄養の偏りをきたし、生理の停止などの内分泌の異常を招きやすいのです。

 

過食症から、精神的に不安定になって、ウツ病になり、自殺する人もいるほどです。簡単にできるダイエット法も自分に合わないものを選択してしまうと最悪の結果になりかねないのです。

 

それに対しメリディアを使った治療法は、副作用はありますが、その範囲がおよそ知られていて、正しく服用すれば問題はありません。また、肥満には遺伝的な要素が強いのですが、どんな家計の人でもメリディアは大丈夫です。ほぼ各自治に減量することができるのです。

 

今は、一億総活躍ならぬ、一億層肥満時代です。中年以降の肥満は万病の元です。高血圧、糖尿病、心臓病は言うに及ばず、ガンさえも発病しやすくなるのです。

 

これらの肥満につての処方はヨーロッパやアメリカでは研究が盛んですが、最近最も注目されているのがメリディアなのです。

 

一日一錠飲むだけで、確実に痩せることができる薬は、飽食の時代に起こりがちな生活スタイルを、もっと健康なものにできる生活スタイル改善薬だといえます。

 

今はコンビニの普及で、いつでも、どこでも菓子を求め、食欲を満たす様々な種類の商品が手に入ります。しかし、コンビニは本来の食事を賄うところではありません。

 

人間の好みは、原始時代の人間の食生活に源があります。高カロリー、高たんぱく、高脂肪のため物は、それらの食べ物をできるだけ多く摂取するようになっているのです。

 

この人間の子のみに合わせて、商品は作られているので、健康に好ましくない大量の食べ物が提供され続けているのです。

 

したがって、肥満は社会の隅々まで蔓延している現代社会のゆがみの端的なシンボルです。

 

これに自分の意志の力で対抗するのは並大抵ではありません。

 

自分の食欲。満足のシステムを変化させることで、現代消費社会の湯葉身を防ぐことが最も効果的なのです。

 

メリディアッはこの人間の食欲をコントロールすることで、現代社会の病から人間を救い出すのに格好の薬だといえます。

 

適切に使用すれば、若者から高齢者までの糖尿病を防ぎ、成人病予防にも大きく貢献するでしょう。


メリディアは現在は販売されていません。

メリディア

メリディアは、メーカーによる自主回収され現在では購入することはできません。
当サイトの情報は過去の情報によるものです。